しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

恋愛・結婚

亭主元気で留守がいい?

「大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく家事代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで…

男は解決女は共感論

「悩み事を話す際、男は相手に解決策を求め、女は相手に共感を求める」という俗説があります。男女の違いとしてよく挙げられることの1つです。 得てしてこのような男女の違い論は「全体的には男女で傾向の違いはあるが、最終的には個人個人の問題である」という…

キモくて金のない若者

キモくて金のないオッサンというネットスラングがあります。文字通り キモい→女性にモテない 金のない→収入が低い オッサン→中年男性 という意味の言葉です。日本で最も救われない人々だとされています。 私はモテないです。また、定職にも就いてないので貧…

10代で子供を産むと叩かれ、30代で独身でも叩かれる

表題通り、現在の日本では10代(主に高校生)が子供を産むと叩かれ、逆に30代で独身でも周囲からあまり良い目で見られません。 ちょっと前にどっかの高校生TikTokerが妊娠したとかで騒ぎになっていました。 news.nicovideo.jp 私には彼女がいないのに、高校生…

婚活で相手が年収1000万円以上じゃないとダメな女性って実在するのか?

ネット上にはしばしば実在するのかよく分からない人種の人が登場します。そのうちの1つが表題「婚活で年収1000万円以上しか認めない女性」です。女性側のスペックにもよりますがポケモンで言えばGTSでコラッタとミュウツーを交換しようとするような話に思われ…

クリぼっちは悪いことではないのではないのか

※支離滅裂な文章なので、あまり深く考えずお読みください。 私は男女問わずクリぼっちは絶対悪であると考えています。しかし、世間ではクリぼっちは悪いことではないのかもしれないという風潮もあります。どうなんだろう。 クリぼっちというか、恋人がいなけ…

性的少数者と性的弱者

近年LGBTあるいは性的少数者という概念が普及しています。性的少数者とひとくちに言っても様々な方がいますが、私は「体が男、性自認が男、恋愛対象が女」もしくは「体が女、性自認が女、恋愛対象が男」以外の人全般をひっくるめて「性的少数者」や「セクシャルマイ…

理系女子はモテる、モテるけども

昨日の続き。 理系女子は企業からも男からもモテモテです。企業からモテるのは男子と状況が変わらないので、男からモテることについて書きます。 男女比4:1の理系大学では「(彼女欲しい人)/(彼氏欲しい人)」で求められる彼氏求人倍率は4.00倍です。就職市場な…

理系男子は企業にはモテて、女にはモテない

表題通り、理系男子というのは企業にはモテますが、女の子にはモテません。これは求人倍率が大きく異なるからです。 就職の求人倍率というのは(働き手の欲しい数)/(働きたい人の数)で算出される値です。19新卒の求人倍率は1.88ですので、大学生1人に対して1.…

んなこと言われてもモテないんだもん

mainichi.jp デートの定義をどこに置くかによりますが、女の子と2人でどこかに行ったことっていうのは無いですね。生きていて楽しいのかと思うでしょうが、楽しくないです。 私個人の話をするならば、草食化云々というか、そもそも周りに女性が少ないし、そ…

ATMになりたい

私は父親をあまり好きではありません。頭が固く、自分の古い考え方を私に押し付けようとしてくるからです。しかしながら学費や罰金、示談金といった金銭面でのサポートという面では非常に感謝しています。 この父親を見ていて思うのですが、父親・夫の役割と…

生物的本能で考える大学生の諸行動

大学生というのは実に多種多様な行動を取ります。今回はこれらの行動すべてを「自分の遺伝子を残すという生物的本能による行動≒結婚するための行動」だと仮定し、一体なぜ大学生が特定の行動を取るのかを考察していきます。 1.そもそもなぜ大学へ入るのか、…