犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

入試と就活と言語4技能

言語4技能というものがあります。読む(リーディング)、書く(ライティング)、聴く(リスニング)、話す(スピーキング)の4つの技能のことです。昨今英語教育及び入試においてリーディングとリスニングだけでなく残り2つも普及させようと叫ばれているわけですが、むしろ問題は国語である日本語の教育及び入試のように思われます。

入試で問われる国語力というのは現行英語入試の問題点同様に殆どがリーディングの能力です。ライティング能力を測るために論文試験や短答式試験を課したり、面接でリスニングやスピーキングの力を測ったりする大学や試験種も多いですが、概ねリーディングが中心と言って差し支えないでしょう。

一方就職活動ではこれら4技能が全て問われます。具体的にはエントリーシートや論文試験でライティング能力を、SPI(言語分野)や公務員なら教養試験(文章理解)でリーディング能力を、グループディスカッションや面接でリスニング・スピーキング能力をそれぞれ測ります。そして一般には面接つまりリスニングとスピーキングの能力が重視されます。

つまり、日本は入試ではリスニング・スピーキングの力を見ない癖に、就職ではかなり重視するといういびつなことになっているわけです。ここで問題なのが、日本の国語教育においてこのリスニング力・スピーキング力を体系的に教育しているかという点です。日本の国語教育といえば「文系は登場人物の心情を考えてろ」とよく言われるように、文章を読み解くつまりリーディングに特化しており、残り3つは英語同様放置されているように思われます。日本人には他人と会話するのが苦手だったり嫌いだったりするコミュ障と呼ばれる人が多いと言われますが、もっと真面目にリスニングとスピーキングの国語教育を行えば改善すると思うのです。

(749文字)