犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

理系男子は企業にはモテて、女にはモテない

表題通り、理系男子というのは企業にはモテますが、女の子にはモテません。これは求人倍率が大きく異なるからです。

就職の求人倍率というのは(働き手の欲しい数)/(働きたい人の数)で算出される値です。19新卒の求人倍率は1.88ですので、大学生1人に対して1.88人分の求人があることになります。この中でも理系学生というのは頭数が少ないので、一層求人倍率は高くなることになります。理系男子はだいたい1人あたり2~3の会社から求愛されているような状態にあり、概して企業からは非常にモテると言えます。

対して、女の子にはモテません。企業同様に求人倍率つまり「(彼氏欲しい人の数)/(彼女欲しい人の数)」を計算したとき、仮に大学の男女比が4:1、全員フリーで彼氏彼女を欲してるという状態を想定しても、求人倍率は0.25です。就職市場でこんなことがあったら超氷河期です。更に、現実には全員フリーなんてことはなく相当数既に彼氏持ちですし、「彼氏なんかいらないわ!」みたいな人もいるので、実際には更に求人倍率は下がります。それでもモテる男はモテます。非常に羨ましい。

自分が女にモテない理由をこうやって理屈で考えようとするからいつまで経ってもダメなんだろうなぁ…

(519文字)