犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

東進で林修の授業を取る人は少ない

私は昔東進ハイスクールに通っていました。東進ハイスクールといえば林修先生です。「今でしょ」のフレーズが流行って以来、完全にタレントとして定着した感があります。

いつやるか? 今でしょ!

いつやるか? 今でしょ!

 

一方で、この今でしょが流行った頃に丁度私は東進の学生でしたが、林修の授業というのは取ったことがありません。

それはなぜか、林修の担当科目は「難関大学向けの現代文科目」だからです。私のようなクソ理系には何もかすりません。

そもそも大学受験予備校において国語というのは数学や英語と比べて需要が低く、とりわけ現代文は「勉強しなくてもある程度出来る」という層がまあまあいるので、あまり予備校で勉強しようという人がいません。それ故、東進の公式サイトでも林修を一番に出しているという形にはなっていません。

逆に大学受験予備校で最も需要が高いのは英語ですので、正比例して「偏差値アップ」「有名大突破」といった科目を担当する安河内哲也先生や、「今井宏のD組〜A組」を担当する今井宏先生、「文法編III」「構文編III」「スーパー総合英語」を担当する渡辺勝彦先生あたりが東進内部では(体感的には)一番受講生の多い講師となっています。

私は安河内哲也の開講している、東進界隈では有名な「基礎から偏差値アップ総合英語」を受講していました。以下ステマになってしまいますが、この科目の良いところは英語が分かるようになるというよりも、安河内哲也が提唱する音読のやり方が身につくので、英語の勉強方法が分かるようになることです。勉強方法が分かればあとは勉強すれば成績は伸びますので、勉強方法が分かるようになるというのは重要なことです。

英語が苦手な皆さんは音読をしましょう。また、音読のために参考書はCDがついているものにしましょう。

 

結局英語の勉強方法を書いた日記になってしまった。