犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

努力でなんとか出来るかどうか【医学部不正入試問題に考える】

今医学部の入試で女性差別多浪生差別が問題となっています。私が留置場にいた夏頃から話題になっていますが、次から次へと不正が出るわ、来年以降の入試に問題が出るわ、中々収束の気配が見えません。

私はこのことに対して一般的な世論とはやや異なった見解を持っており、「女性差別は論外だが、多浪生差別はそれを受験要項に明記した上で各大学の裁量によって認められても良いのでは」と思っています。これの理由が表題「努力でなんとか出来るかどうか」であり、つまり「性転換は無理だが、現役で合格することは理屈の上では誰でも出来る」ということです。

女性差別というのは論外です。男女共同参画というものが進められており、女性医師の需要も高まっている最中に女性を入れにくくさせるというのはトレンドに反する前近代的なものです。

問題が多浪生差別で、これは「差別」ではなく合理的理由に基づく「区別」ではないかと私は考えています。現在医師が不足している一方、医学部の定員は大学全体でも非常に少なく、医師を世間に送り込める数というのは毎年決まっています。その中において医学部というのは量が確保出来ない分、なるべく質の高い医師を世間に送り込まなければなりません。そう考えたとき、浪人して入った医学生よりも現役で入った医学生の方が浪人しなかった分長く医師として働くことが出来るため、質の良い医師ということが出来ます。その上で、先述のように現役で医学部に受かるというのは「理屈の上では頑張れば誰でも現役で受かる」と言え、「医学部に行きたいなら現役で受かれよ」ということが出来るので、多浪生を入りにくくさせることにはある程度合理性があると言えます。女性差別は「頑張れば男になれる」ということはありませんので、この点で多浪生差別と女性差別は一線を画しているのかなと考えています。

受験生サイドで見た場合、医学部多浪生というのは一定数存在し、「多浪だから医学部に受かりにくいけど、年齢的に就職を考えると医学部しかない」という泥沼に陥っています。このような不幸な受験生を減らすためにも、「多浪は不利な取り扱いをする」と明言した上で、受かる見込みのない受験生には他分野へ回ってもらうというのがベターではないかと考えています。薬学部や歯学部には医学部に劣等感を持つ人が多いと言われているようですが、具体的には薬学部や医学部への転向が主軸になるかと思います。

この問題の面倒なところはそもそもの医学部定員が異常に少なく、入試が他と比べて異様な状態にあるということにあります。どうにか医学部定員が増やせないものかなあと思うのですが、それが出来たらとっくに増やしているわけで、この問題はこういった面でも複雑さを増しています。