犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

スマブラSP難しすぎ論(前編)

スマブラSPが難しすぎると話題になっています。

私はスマブラをDX、X、forとプレイしており、SPでも既に灯火の星(ふつう)を100%クリアしています。総じて私はスマブラが上手くはありませんが、慣れてはいます。

その上で、この「スマブラSP難しすぎ」という意見にはいくつかバリエーションがあります。

1.そもそも操作方法が分からない

2.全キャラ解放できない

3.灯火の星の通常クリアができない

4.灯火の星の100%クリアができない

5.オンライン対戦で勝てない

このうち、4と5はやり込み要素ですので、勝手に頑張ってくださいと思います。灯火の星の星4(LEGEND)の敵は理不尽に強いですが、スピリッツを適切に装備した上で20回くらいやれば勝てるはずです。

問題は1~3です。私はある程度出来るので気になりませんが、言われてみると非常に初心者殺しな仕様になっています。

1.操作方法が分からない

まず「操作方法が分からない」という点についてです。昨今のゲームではものすごーくチュートリアルが長いゲームが多いです。これに対してスマブラSPはそのような手厚いチュートリアルがありません。このことに対して「一昔前のゲームではこれが当然」という意見もあります。一理ありますが、昔のゲームと比較した場合、今度は「紙の説明書がない」という大きな問題があります。むしろスマブラだとこっちの方が問題じゃないかと個人的には思います。最近のゲームは紙の説明書が無いから、チュートリアルがやたら長いんですね。

つまるところ、スマブラSPは昔のゲームのように充実した紙の説明書も無ければ、今のゲームのように手厚いチュートリアルモードもなく、操作方法を学ぶ手段に乏しいのです。

2.全キャラ解放できない

スマブラSPはキャラクター数が多いのが最大の魅力です。その一方で初期キャラがスマブラ初代の初期キャラ8体のみで、それ以外は全て隠しキャラです。故に全てのキャラクターを使えるようにするまでが非常に長いです。更に、スマブラでは「隠しキャラが挑戦者として現れ、それを倒すことで隠しキャラを解禁する」というのが伝統ですが、やたらとこの「挑戦者」が強いと言われています。

この辺りはシリーズ全体の「解禁していくのも楽しみの1つ」「挑戦者を倒すことでキャラ解禁」という伝統と、SPの「参戦キャラクターがめちゃくちゃ多い」という特徴の落としどころが難しいなと思います。ただ、挑戦者はもっと弱くて(CP4~5程度)いいんじゃないかなぁとは思います。

 

 

後編に続きます。