しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

日本はキリスト教国家じゃないのにクリスマス祝うのはおかしい論を真っ向から否定するクリぼっち

長いタイトルだなぁ…

毎年この時期(ハロウィンやイースター、バレンタインも)になるとですね、「日本はキリスト教の国家じゃないのに、キリスト教のイベントを祝うなんておかしい!」みたいなことを言い出す謎の勢力が現れます。お前は何も理解していない。

日本というのは八百万の神々に守られた国です。この八百万の神というのがすごい大事で、日本というのはこの「ありとあらゆるものを神として受け入れる」という精神があったからこそ有史以来国内において大きな宗教戦争が起こらず、独立を保っているのです。

その上で、正月には神社に行き、クリスマスにはケーキと七面鳥を食べるのです。これこそ日本の寛容な宗教観を表したものであり、誇るべき日本の文化であります。バレンタイン、ハロウィン、イースターなど他の舶来年中行事も同じです。

 

まあ、何れにせよキリスト教国家じゃないのにクリスマス云々騒いでるのはクリぼっちの負け組であることは否定しようがない。