犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

カルロス・ゴーンメソッド

ニコニコ大百科に「アフリカメソッド」というワードがあります。

dic.nicovideo.jp

当該記事から引用すると、

「アフリカの子供のように「貧困の中であえぐ弱者」を引き合いに出して、他人を批判するために用いられるメソッド(方法論)である。」「アフリカの子供は今この瞬間にでも飢餓と飢えに苦しんでバタバタ死んでいるのに、それに比べればお前は日本に生まれて、両親がいて、ご飯も食べられて、学校に行かせて貰って、一体何が不満なんだ?」という意味の言葉のようです。

表題「カルロス・ゴーンメソッド」はこのアフリカメソッドを参考に作った言葉です。つまり、

「クリスマスなのに彼女がいない…」「クリスマスなのに寂しくバイト…」「クリスマスはぼっち仲間と闇鍋パーティ…」という人々に対し、

拘置所で1人寂しく過ごしているカルロス・ゴーンの気持ちを考えろよ!!!」

みたいな意味の言葉です。

クリぼっちの皆さん、拘置所で1人寂しく過ごしているカルロス・ゴーン氏の気持ちも考えましょう。

 

少し真面目な話をしますと、ここまで国際的な騒ぎになっている以上、東京地検の検事の方々にはカルロス・ゴーン氏が不正を行なったという証拠をきっちり出して欲しいところです。