しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

菊池健太メソッド【不登校問題】

アフリカメソッドという言葉があるらしいです。

dic.nicovideo.jp

これに対し菊池健太メソッドという言葉を今作りました。つまり、

「学校行きたくない」「学校にはいじめっ子がいる」「勉強についていけない」という小中高校生に対し、

「大学に行きたくてもクビになった男もいるんだぞ!」

という意味の言葉です。

 

いやそれは自業自得だろ。

 

さて、少し真面目な話をしましょう。実際問題として、私は大学が嫌いでやめた訳では無いので、「学校が嫌いで行きたくないからやめたい」というようなネット上の書き込みなどを見ると非常に不思議に感じます。小中学校の場合、諸議論ありますが義務教育故に不登校でも勝手に進級して卒業することになるので、行きたくないなら行かないで家で勉強してりゃあいいじゃんと思います。高校受験の内申点が心配ですが、内申見ない高校探して入ればいいんじゃないですかね。高校の場合、通信制高校に通えば学校に行かなくていいじゃんと思います。もしかしたらそれだと大学受験が心配かも分かりませんが、そんなんは塾に行くか独学でどうにかすればいいだけです。大学でも同様に通信制大学があります。あるいはそもそも大学に行く必要があるのかも疑問です。

通信制大学の就職がどうなのかというのは私も直面している問題です。そもそも通信制大学は社会人向けであることが多く、就職のために行く場所というのとは異なる傾向にあります。

1番危ないのは、行きたくもない学校に無理無理通ってストレスを抱え込み、非行に走って私と同じ犯罪者の身分に陥ることです。犯罪者になるくらいなら学校に行かず通信制課程などで勉強した方がずっといいです。