犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

寒くてやる気が出ない

日本において1月というのはだいたい年間で最も寒い時期です。暖房使用量が増え、電気代が高くなる時期でもあります。そしてここのところ寒いからか毎日何もやる気が起こらないのです。好きで書いているはずのこの日記を書くことすら割と億劫です。

調べてみると、どうにも冬季うつ病なるワードがあるようです。日照量の減少が原因で発生し、一般的なうつ病に見られる気分の落ち込みや集中力の低下に加え、過眠と過食が症状として現れるようです。最近常にやる気が無いし、やたら眠いので、もしかしたら私も冬季うつ病なのかもしれません。

都道府県別に自殺率を見た場合、東北や北陸地方の県が上位に名を連ねます。県民性うんぬんを問う考え方もありますが、これは単純に寒いから自殺率が高いんじゃないかと私は考えています。寒かったり日照量が少なかったりすると憂鬱であることに加え、寒いというのは食べ物が少なくなるということにも繋がります。

夏は夏で暑すぎてやる気が起こらないので、年中20度くらいの場所に住みたいです。