犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

YouTuberになろうとしてYouTuberになった人は少ないのでは

「脱サラしてYouTuberになる!」「動画投稿で生活をする!」みたいなYouTubeドリームが昨今流行っています。ただ、考えてみると「YouTubeで生計を立てようとしてYouTuberになった人」というのは最上位層には少ないのではなかろうかと思うのです。

HIKAKINさんは元々ヒューマンビートボックスで身を立てようとしていた人です。ビートボックスを見てもらうためにYouTubeに動画投稿を始めた結果、YouTubeで生計を立てるという術を知り、いつしかビートボックスではなく今のビデオブログがメインになったのです。ビートボクサーになろうとして、YouTuberになったのです。

水溜りボンドの2人も元々はお笑い芸人を目指していたわけです。その中で自分たちのネタを見てもらうにはYouTubeに上げればいいということを思いつき、動画をアップロードするようになりました。結果としてこの活動が軌道に乗り、現在に至っています。お笑い芸人を目指して、YouTuberになったのです。

フィッシャーズは元々仲間内で川で遊んでいるところを撮影したものをYouTubeにアップロードしたところから繋がるグループです。YouTuberになろうとしてなったというより、たまたま動画を上げたら伸びたからそのまま続けているというイメージです。

YouTubeで稼げるようになったのはパートナープログラムが一般向けに開放された2011年以降です。しかしそれより前から収益以外の目的で動画投稿を行っていた人も上位層には多く、これらの方々もYouTubeで生活しようと思って動画投稿を始めた訳では無いことになります。

今の上位層YouTuberを見る限りでは、YouTubeで生活しようとしてYouTuberになったという人はあんまりいないような気がします。ただ、それはYouTuberという稼ぎ方がまだ黎明期だからであって、今後はYouTube専門学校が増えたり、YouTube事務所が増えたりして、YouTubeで生活しようとしてYouTuberになる人が増えていくのかなと思います。

 

参考記事

www.itmedia.co.jp

2012年、まだYouTubeで生活するという概念が今ほど一般的でなかった頃の記事です。現在絶賛大炎上中のMEGWIN氏の名前が出てきており、盛者必衰の理を感じさせます。