しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

ラファエルBANとYouTubeの規制

3回連続でYouTubeネタです。最近やたら事案が多いですね。

 

覆面YouTuberラファエルのアカウントがBANされました。

news.yahoo.co.jp

ここ最近のYouTube事情を鑑みると、危険な動画や反社会的な動画が多いラファエルチャンネルはBANされてもおかしくなかったです。個人的には見せしめとして消されたのではと勘ぐってしまいます。

最近YouTubeの規制が厳しくなっています。しかしながら過激さと面白さは比例する関係にあり、過激であれば過激なほど動画としては面白い傾向があります。そう考えたときに、YouTubeよりも規制の緩い動画サイトがなんかないのかと思います。

日本で動画サイトの2番手と言えばニコニコ動画です。昔はYouTubeと互角でしたが、YouTubeがかなり強大化した結果、今は明らかに後塵を拝する状態です。で、ニコニコ動画の規制が緩いかというとそうでもないです。YouTube程ではなくとも消されるものは消されます。また、当然YouTubeより収益性が落ちます。

他の動画サイトも、YouTube程ではなくとも消されるものは消される、収益性はYouTubeより悪いというところかと思います。結局のところ、世界的に動画投稿サイトはYouTubeの1強で、それ以外を使うのは考えにくいというところはあります。長期的にはUUUMあたりが自前の動画サイトを創るんじゃないかと勝手に思っていますが、だいぶ先のことになると思います。

1つ思いついたのは、いっそのこと動画投稿サイトを介さず、直接視聴者と動画を売買すればいいんじゃないかというある種原点回帰的な手法です。そうすればサイト運営者にBANされることはありません。お金を出して動画を見たいという人はかなり少数派ですから、相当ブランド力が必要となります。ただ、ラファエルさんであればそれなりに動画を購入する人は現れるだろうなとも思います。