しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

収入が多いことのメリットはなんだろう

学生や主婦などを除けば、概ね誰しもが契約社員やアルバイトなどよりも正社員として働きたいと思っています。何故かと言えば、正社員の方がクビになりにくく給料が高いからです。前者の「クビになりにくい」は無期転換ルールが出来た今必ずしも正社員の特権ではないように思われます。一方、やはり給料は正社員の方が高いです。では、なぜ収入が多い方がいいのでしょうか。

個人的に2つメリットがあると考えています。1つはより良い奥さんと出会える可能性が上がること、もう1つは子供にたくさんお金を費やせることです。

「金で男を選ぶ女なんてどうなんだ」と思うかもしれませんが、例えば年収800万の私と年収300万の私どっちかと結婚しないと死ぬとすれば、おそらく大体の人は死ぬか年収800万の私と結婚することを選び、年収300万の私とは結婚しないだろうと思います。他の条件が全て同じであれば収入は高いことに越したことはないということが言えます。

また、収入が多ければ子供が出来たときに私立中学校へ行かせたり、高価な習い事をさせたり、海外へ留学に行かせたり、取れる選択肢の幅が広がります。子供の幸せは親の幸せで、子供を幸せにするにはお金が必要なのです。

以上2点、どちらも結婚して子育てをすることが前提です。じゃあ一生独身なら収入が多くても意味が無いのかという話になります。個人的には一生独身の場合、もちろん収入が多いに越したことはないですが、明確なメリットというのは無くなると思います。私は独身なら一生家賃5万くらいの築30年1Kとかの部屋を借りて住んでいればいいような気がしますし、食事や服装にもそんなに金をかける人ではありません。

 

私は今正社員になりたいと思っていますが、どうせ結婚出来ないので無理して正社員にならなくてもいいんじゃないかとも思います。