犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

精神が不安定な方におすすめの気候が安定した地域

f:id:Jinsei_finisher:20190206190319p:plain

今日(2019/2/6)の東京は非常に寒い上に、雨まで降っていました。非常に嫌な日です。

精神状態が不安定な人の中には「日照時間が少ないと病む」「低気圧が近づくと具合が悪くなる」「暑いと体だけでなく心も疲れる」などといった体調が気候によって大きく変動する人がいます。かく言う私も気候と体調が連動する人間ですが、このような人々にとって、日本は気候が季節によって大きく変わるため、非常に暮らしにくいです。そうなると、なるべく年がら年中春〜初夏程度の気温で晴天率が高い地域で暮らしたいなと思います。

1.晴天率の高い地域

年間晴れ日数 [ 2010年第一位 香川県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

によると、日本の東京は年間約220日が晴れで、5日に3日程度晴れているといえます。梅雨時は晴れの日が少なく、冬は多いです。日本全体ではいわゆる豪雪地帯と呼ばれる地域は晴れ率が低く、四国や九州は高い模様です。雨が嫌いな人は四国や九州に住むのがいいでしょう。

これで丸わかり!ロサンゼルスの雨について知っておいてほしいコト

世界全体だと、アメリカのロサンゼルスは毎年水不足になる程度には雨が降らないようです。年間30日くらいしか雨が降らないようです。雨が多いのは嫌だけど、水不足になるのも困るな…

2.常春・常夏の地域

www.data.jma.go.jp

東京は2018年の平均気温が16.8℃、その中でも一番寒かった1月の平均気温が4.7℃、一番暑かった7月の平均気温が28.3℃と、時期によって20℃以上平均気温が変わることが分かります。東京以外の地域も日本国内には「夏暑い、冬とても寒い」か「夏とても暑い、冬寒い」あるいはその中間の地域しかほとんど無いので、常春や常夏がいいとなると日本に住むのは不向きです。

比較的日本でまだマシな方なのが南国八丈島です。温度が変化しにくい海に囲まれているため年間通じて気温が変わりにくいようです。それでも最寒月と最暖月の平均気温の差は2月の9.3℃と8月の26.9℃で15℃以上あります。

日本の気温変動が激しいのは日本が中緯度地域ゆえ、太陽の当たり方が年間通じて大きく変わることにあります。逆に気温の変動が小さいのは赤道直下の国で、赤道直下の平地なら常夏、高地なら常春になります。ただし、熱帯地方のイメージに漏れず降雨量は多いので、上掲「晴天率の高い地域」とはトレードオフの関係になります。

一年中暖かい「常春」の国まとめ | TABIPPO.NET [タビッポ]

年中パラダイス!常夏の国・シンガポール留学の魅力 | wondertrip

 

四国や九州に移住ならまだできなくもないですが、ロサンゼルスとかシンガポールとかに移住というのはしようとしてできるレベルの話なのかよく分かりません。結局の所、私は今の東京の生活に慣れきってしまっているので、しばらくは寒いだの暑いだのと騒ぎながら東京の実家に暮らすのだと思います。