犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

コレコレチャンネル動画削除と言論の自由

f:id:Jinsei_finisher:20190209115900p:plain

物申す系YouTuberのコレコレさんの動画が一斉に消されました。少し前にコレコレVS東海オンエアで火花が散っていたこともあり、一説には東海オンエアの所属するUUUMからの圧力があったのではと言われています。

news.nifty.com

www.youtube.com

私は東海リスナー・非コレリスですので、UUUM・東海オンエアVSコレコレという軸で考えた場合、どちらかというと前者寄りの意見を取ることになります。とはいうものの、今回の件に関してはひとえにチャンネルメンバーシップのシステムの調整不足に原因があり、それを取り上げたコレコレさんサイドに問題は無いんじゃないかなと思っています。

物申す系あるいは炎上系YouTuberというのは他人の悪口とかゴシップネタとかを動画内で話すことで利益を得ているという人々です。その性質上、信者とアンチがはっきり分かれる人が多いです。

この悪口や噂話をすることで昔から儲けてきた業界があります。それは週刊文春に代表される週刊誌業界です。週刊文春といえば、「文春砲」と呼ばれるスクープ記事が有名で、これまで数え切れないほどのスクープをすっぱ抜いています。

一方で、そのスクープが「悪質なデマ」「根拠のない誹謗中傷」だったことも一定数あり、民事裁判において文春が負ける、つまり「それは言論の自由が認められない」と司法に判断されたケースも多数あります。

UUUMという企業はクリエイターありきの企業ですから、事務所のクリエイターを守ろうとしてコレコレさんに圧力をかけるのは当たり前の行動です。その上で、言論の自由がどこまで認められるのかというのを争うために、いっそコレコレさんとUUUMで裁判になったら面白いと私は思っています。