しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

大学生は準成人でいいじゃん

ここ最近のバカッター騒ぎを見ていると、18歳以上かつ、自力で生計を立てられてない人を「成人」と呼ぶには色々と時期尚早じゃないか、「準成人」とでもすべきじゃないかというのが今回のお題です。

民法の改正により、2022年4月以降成人年齢が20から18に引き下げられます。様々なことにおいて親の承諾なしで行えるようになる年齢が2年引き下がります。

一方で、社会の高学歴化によって子供が親から経済的に自立する年齢は年々遅くなっています。大学をストレートに卒業すれば22歳、浪人留年で1年遅れれば23歳、院に行けば24歳、その他様々の要因で更に遅れる人も増えています。

「成人は親の承諾なしに結婚できる」というルールがあります。しかし、現在の18歳は経済的に自立していないことが多く、結婚する人は少数、いたとしても民法とは別の話として親の承諾無しでは難しい、そしてこれらの若すぎる親による虐待事件が後を絶たないという点を鑑みると、果たして18歳で成人というルールが現実に即しているとは言えないと思います。

で、思いついたのが文頭にある「準成人」というような括りを新たに設けることです。表題では大学生としていますが、年齢にかかわらず「18歳以上で、なおかつ親の援助なしで生計を立てられていない人」は完全な成人ではない、準成人という扱いにした方が良いと思ったのです。高卒で就職する人は早い段階で準成人から成人に格上げされますし、引きこもりやニートの人はいつまで経っても準成人のままです。

準成人の運用について、具体的には成人に認められている一部権利が制限されることになるかと思います。

・結婚は親の承諾が必要

・クレジットカード作りやローンなど契約は親の承諾が必要

・国民年金は学生免除があるため運用あまり変わらず

・選挙権はそのまま

・酒タバコギャンブルは今の20歳以上のまま

・犯罪に対しては「少年法適用・実名報道アリ」と「刑法適用・実名報道ナシ」のどっちかかなぁ

・成人式は入社式と統一する形で廃止

・その他、全般的に権利を制限

・社会的に「自立していない」というレッテルを貼られる

 

あくまでただの妄想で、実際に「準成人」というのは作られないと思います。とはいえ、民法というのは大昔にできた法体系ですから、実情に合わせて変えるところは変えないといけないとも思います。