しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

日高屋のW餃子定食を語ろう

関東地方には日高屋という中華定食屋兼居酒屋チェーンがあります。390円でラーメンを食べたり、330円でビールをジョッキで飲んだりすることができるコスパに優れたお店です。公式サイトでも「ラーメン+餃子+ビールを950円で楽しめる」と紹介されています。

今後この日高屋の商品レビューも展開していこうと思いますが、今回紹介するのは「W餃子定食」です。

f:id:Jinsei_finisher:20190307194634p:plain

このW餃子定食は「ご飯+餃子12個+唐揚げ2個orキムチ+スープ」で650円という大変盛り沢山な定食です。餃子が12個も食べられる上、唐揚げまでついてくるし、スープも飲むことができて650円なのです。更に、日高屋にはモリモリサービス券というチケットがあり、定期的に日高屋へ行く人はご飯は無料で大盛りにできます。

実際に食べてみると、とにかく餃子が多いです。ご飯の量に対して餃子と唐揚げが非常に多く、必然的に餃子が残ります。しかし餃子というのは中国では主食扱いであり、ご飯なしでもイケるものです。最後の方は1個1個がしんどくなりますが、食べ終わった時にはかなりの満足感があります。

見た目通りかなりカロリーは高く、元々のカロリーが1244kcal、更に実質ご飯大盛り無料でおそらく1400kcalを超えるというかなり太る定食です。私はあまり太らない体質なので気になりませんが、気にする人は気をつけた方がいいかもしれません。また、一般的な外食の例に漏れず、野菜分も餃子のキャベツとニラ、唐揚げの千切りキャベツ程度で不足気味です。

というわけで今回は日高屋W餃子定食のレビューでした。今後も20代の男の感覚でレビューをして行こうと思います。