しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

TSUTAYAってそんなにヤバいんか

どうにも最近TSUTAYAがすごい閉店しているらしいです。これは日本が衰退しているのもそうですが、CDやDVDのレンタルという事業が時代に即していないからというのが大きいです。

www.j-cast.com

job.mynavi.jp

新卒学生視点で見ると、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の採用予定人数が非常に少ないことが分かります。従業員数がグループで8800人なのに対し、採用予定人数は36~40人と書かれています。新卒採用数/現社員数の比がおよそ0.005、百分率にして0.5%というのは非常に小さい数値です。定年退職者の数、事業が拡大しているか、離職率が高いかなど様々な要因でこの値は大きく変わりますが、通常は2~5%になります。0.5%というのは完全に事業を縮小させようとしている企業の採用割合です。

CCCは創業者一族がほとんどの株式を所有している同族会社です。私は経営については分かりませんが、創業者の増田氏が既に見切りをつけ、事業の方向転換と縮小へ舵を切っているのではないかなぁと思うのです。

音楽や動画の配信サービスが充実している今、CDやDVDのという事業形態は言ってしまえばオワコンです。オワコン事業を閉めるのは当然のことですが、今後のCCCの動向が気になるところです。