しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

社会人は何が楽しいのか

 

f:id:Jinsei_finisher:20190401170133p:plain


※特にエイプリルフール要素は無いので悪しからず

こんにちは、菊池健太と申します。犯罪行為をしてしまい、大学を退学になり、人生が終わってしまった哀れな男です。しかし、今日から別の大学の大学生として新たなスタートを切り、卒業と就職を目指していきます。

新年度始まりからいきなりネガティブな話ですが、今回は「結局、社会人になるとどんな良いことがあるのか」ということについてです。多くの企業が今日入社式ですが、物心がついたころから未だに答えが出ていないのがこの「何の為に社会人になるのか」という問題で、100%しっくりくる答えはないと思うのですが、一応考えてみることとします。

結論としては、「何らかのものすごくやりたいことをする」か「自分の家族を養うために頑張って働く」が社会人の当面の目標になると考えています。

例えば「俺はギターで世界一になる!」というような目標がある人はとりあえずその夢を追えばいいと思います。世間からどう思われるかは知りませんが、それはそれでいいかと思っています。

ただ、そういった事柄が無いであろう殆どの人の場合、目下の目標は家族、特に子供を育てることになります。全生物の基本的な目標となる、自分の遺伝子を残すことを目標に動くのです。

私のような上記2点どちらも当てはまらないような人間が何の為に生きているのかはよく分かりません。何の為に生きているのか分からないというのがこの日記が遺書であるという所以です。

果たして来年の今頃私は生きているかそれとも…

 

 

関連性の高い記事

www.jinsei-finisher.com

www.jinsei-finisher.com