しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

男は解決女は共感論

「悩み事を話す際、男は相手に解決策を求め、女は相手に共感を求める」という俗説があります。男女の違いとしてよく挙げられることの1つです。

得てしてこのような男女の違い論は「全体的には男女で傾向の違いはあるが、最終的には個人個人の問題である」ということが多いです。

男女で足が速いのは全体的に言えば男性ですが、個別個別では足が速い女性もいれば、足が遅い男性もいます。男は解決女は共感論で言っても、全体的には傾向としてはそうであっても、個人個人では解決を求める女性も共感を求める男性もいます。

あるいは、例えば「就職が決まらない」となれば就職エージェントに相談すればとかこの企業がおすすめだよとか具体的な解決策の出しようがありますが、「大好きだった元カノが忘れられない」というようなものであればこれという解決策はないので、わかるわかるーと頷くほかありません。悩み事の種類によっても対応方法は異なります。

で、ここからは自分自身の話です。全体的には「同情するなら仕事をくれ」の精神が強く、「男は解決女は共感」という俗説の中では典型的な解決策を求める男であると言えます。ただ、じゃあ共感を求めていないかといえばそういうわけでもなく、どっちもどっちのように感じます。

いずれにしても、解決策を出してくれる人も共感してくれる人も周りに少なく、ただただ説教されるのみなのでどうしようもない所はあります。