しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

通信教育で学費を下げよう論

日本では食うや食わずの状態である「絶対的貧困」は少ない一方で、周りよりも生活水準が劣る「相対的貧困」は多いとされます。この相対的貧困が問題になりやすいのが教育費で、お金が無いと子供を大学や専門学校に通わせることが出来ないというのは子育てにおいてかなりのネックです。

日本の高等教育機関の学費はやたら高いです。この学費が一体どこに消えていくかといえば、一番は教職員の人件費です。そこで、通学制の大学においても通信制大学のシステムを持ち込むことで人件費の抑制ができると考えたのです。

例えば、大体の大学には教養科目として「日本国憲法」があると思います。各大学で法学部の先生や非常勤の先生が教えているかと思いますが、誰が教えるかによって日本国憲法の条文や大まかな解釈が変わるわけではありません。となると、日本で誰か1人の講義を録画して、それを見て、テストを受けるかレポートを書くかして単位が出るようにした方が効率がいいです。そうすればその分の人件費がかからなくなりますし、専任の先生ならば他のことに時間を使えるようになります。

もちろん語学や体育実技、実験や実習、あるいは人によって解釈が変わる高度な授業などでは生で授業(通信教育で言えばスクーリング)で授業を行う必要があります。一方でミクロ経済学とか微分方程式といったレベルの科目であればわざわざ対面式で授業をやる必要は今の時代無いのではと思います。

学費高騰への切り札は通信制大学の普及だと思っています。他方で、入試で学力試験が課されなかったり、一般的な大学生活を送れなかったりという欠点も根強いです。そこで、通学制と通信制のメリットを融合する形で通学制の大学に通信制大学のシステムを輸入してほしいと思うのでした。