犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

半年経てば状況が変わる

元々このブログは「犯罪行為をやらかして大学をクビになった学生が、遺書代わりにつけている日記」というものでした。当時は本当に絶望していて、一刻も早く死ぬ必要があると考えていました。

ただ、開設から半年経った今、遺書的内容は粗方書き尽くしたように思われますし、状況が変わってきて必ずしもすぐさま死ななければならないという程ではなくなってきました。今でも楽に死ねる方法が確立されているなら死ぬことを選びますが、それがない現状ではよく分からないまま生きているのが次善の策のように思われます。

 

このブログのもう1つの目標は将来の副収入とすることです。終身雇用の崩壊が騒がれる今、何か本業とは別に収入源があった方がいいです。が、今のところそこまで稼げてはおらず、何か新しい基軸を打ち出す必要があります。しかし、その「新しい基軸」というのが私のようなネガティブ人間には思いつかないのです。

 

とりあえず久しぶりにバイトしないとなぁー。