しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

バイトして募金しようサークル

都心部の大きめの駅ですと、大体募金活動をしている人がいます。これらの人々に対し、「募金活動する時間でバイトしろ」という意見があります。確かにそれもそうだなぁと思うのですが、その理屈だと「募金のために単発バイトをする団体」があっても良さそうなものです。

活動内容としては

1.フルキャストなどの単発派遣会社に登録する

2.実際にバイト(パン工場とかイベントスタッフとか)する

3.バイト代の半分くらいは募金する

4.バイト代の半分くらいは飲み会や旅行の積み立て金に使う

という流れになるかと思います。

定期的に活動日を設定し、その日にはサークル全体で単発バイトをします。すると、給料が振り込まれます。給料が振り込まれたらその半分程度をユニセフなどに寄付し、残りの半分くらいで飲み会をしたり、旅行のために積立をしたりします。募金活動で得たお金で飲み会をするのは論外ですが、バイト代で飲み会をする分には特に問題はありません。バイト自体も募金とは別方向で社会貢献であり、非常に社会貢献を行うことができるサークルだといえます。

私が考えるようなことは既に社会に存在していることが多いです。もしこのようなサークルを知っている方がいれば教えてください。

以上、菊池でした。