犯罪者大学生の人生終了日記

元々しがないFラン理系大学生でしたが、つまらないことで逮捕され、内定取り消しと退学になりました。遺書代わりに日記を書いています。

技術系公務員の人手不足

技術系公務員というものがあります。文字通り土木や機械など、理系知識を有する人を雇う区分です。一般的な行政事務職と比べて格段に倍率が低いことが魅力です。

昨今の人手不足化社会において、理系公務員も不足している傾向があります。というのも、非常に遅い時期に試験が行われていたり、既卒学生を対象に年度途中に採用する試験種が増えているのです。

が、これらの試験種では試験をやっておきながら合格が0人ということがあります。私の地元近くにある八王子市では今年の1月末に土木職の試験を実施し、9人の応募がありましたが、合格者は0人でした。これでは一体何のために試験をしているのか分かりません。

大きめの民間企業でも言われていることですが、ここでいう人手不足は「応募者が少ない」ではなく「雇いたい人が少ない」ということを指します。そもそも新卒学生が少ない上、優秀な人ほど公務員ではなく民間企業に行くのでどうしようもありません。人間が少ないのはどうしようもなく、能力の低い人を無理くり使うしかないのかなぁとも思います。