しがない若者の人生終了日記

遺書代わりに日記を書いています。

輝夜月とVTuberの迷走

バーチャルYouTuberの輝夜月ちゃんがチャンネル登録者数100万人を達成しそうです。

ただ、このチャンネルは投稿頻度が非常に低く、投稿されたと思えばライブのMV、日清焼そばUFOとのコラボ企画といったもので、“普通の動画”は非常にレアです。

輝夜月の“魂”は同じYouTuberのp丸様であるということは、本人が堂々と明言した訳ではないですが、暗黙の了解となっています。このp丸様チャンネルは現在非常に投稿頻度が高く、再生回数も登録者数も順調に伸びています。

このことから察するに、「p丸様からすると輝夜月のアバターを使って動画投稿をするメリットが薄いのではないか?」と考えられます。単に飽きたのか、3Dモデルを動かすのは面倒なのか、輝夜月というキャラクターに縛られたくないのか、運営と上手くいっていないのか、そこまでは分かりません。ただ、投稿頻度が非常に低いのは事実で、動画内で少し出てきた「月に帰る」、つまり引退が近いのではないかと勘繰ってしまいます。

バーチャルYouTuber界は最近迷走が激しく、キズナアイは分裂、ゲーム部は声変わり、ミライアカリは登録者数が漸減、そして輝夜月は動画を投稿しないと、トップ層が軒並み不調です。少し前に記事にしましたが、バーチャルYouTuberは現段階では収益性の確保が難しいように見られます。また、ゲーム部やキズナアイの声変わりの問題からは、「YouTuberは投稿頻度が命だが、そうなると声優が喉を酷使することになり、持続性に乏しい」という致命的な問題も伺えます。YouTubeでキャラクターが動くこと自体面白いのでバーチャルYouTuberが全くなくなるとも思いませんが、アイドル部やにじさんじのようにゲーム実況や雑談配信のアバターとしての使用が主体となるか、もしくは今のUnlimited社の方針のように、「動画投稿はあくまで活動の1つ、より収益性の見込める分野に進出していく」という方向になるか、いずれにしても生身のYouTuberと同じことをしているのではジリ貧であり、今後の動向が注目されます。